代表取締役社長 鈴木信夫のブログ

私とラジオ

 

私は、子供の時からラジオが好きで、何時も隣りにラジオがありました。
中高生の時代には、勉強しながら深夜ラジオを聞くのが日課でしたし、大学時代は、車で何時も聞いていました。一人暮らしの時には、ビデオも持っていませんでしたから何時もラジオを掛けっぱなし。現在では時間がないのでポッドキャストを利用しています。なんだかご存じない方に申し上げますと、場合によってはラジオ番組がインターネット上に保存してあり、それを自分のステレオやコンピュータなどにコピーをすることによって、好きなときに放送された内容の一部を聞くことが出来るという機能です。まさに、インターネットの恩恵な訳です。電車の中でも、車の中でも聞くことが可能です。

(好きな番組や、以前好きであった番組を語ると長いので、今回は省きます)

そんななか、昔も今も変わらない有名な番組があります。「オールナイト・ニッポン」です。
学生時代には、とんねるずさん、辻仁成さん、サンプラザ中野さん、松任谷由実さん、デーモン小暮さん、中島みゆきさん、と言った皆さんの番組が好きでしたが、現在はTBSラジオを退社した「小島慶子」さんと「ミッツマングローブ」さんが二人ややっているオールナイトニッポンを好んで聞いております。

小島慶子さんは、TBS時代に「キラキラ」という素晴らしい番組をやられていたのですが、3.11以降、非常に政治色が濃くなって、局を追われたと言う噂もあるくらい、まあ切れ味の鋭いコメントと、放送コードぎりぎりのトークで大好きなパーソナリティーな訳です。そこに「ミッツ・マングローブ」さんが途中で入ってきて、とても嫌な気持ちをしておりました。

いろいろと折り合い付いてきて、最近は面白くなってきたのですが、そんな中、大変興味深い話題がありました。

Q:女性からリスナーからの質問の概要

最近、デートしている男性がいるのですが、初めは余り気にならなかったが、
お会いしている間に、恋心が芽生えるようになった。彼は「今は、恋人とかは欲しくない」
と、いうので、悩んでいます。去年のクリスマスも、先方から誘いがあり、映画を見た後、
寒いと言ったら彼が、自分の手袋を差し出し、私の手にはめてくれました。
益々好きになったのですが「今は恋人とかは欲しくない」という言葉を思い出し、混乱しています。
私からアプローチをしてよいのでしょうか?悩んでいます。

A:ミッツ・マングローブさんからの答えの概要

まず、彼は「誰かに好きになって貰う」という状態を楽しんでいます。そして「リスク」を取りたくないし、
さほど貴方のことが好きではないので「付き合う」という選択をしていません。そういう人に限って、
好きな女性が出来たら、パッパと結婚してまったりします。つまり、クリスマスの日に貴方を誘うと言うことに
悪意もなければ、貴方の気持ちが掻きむしられることについても、何とも思って居ません。
今の状態が非常に心地よいのです。あわよくば、付き合うことになったとしても、そんな自分勝手な人と付き合っても
貴方は幸せになりませんし、その上から目線も気に食わないので、次に行った方がよいです。

この答えについては、衝撃を受けました。
自分が当事者(前者or後者は別にして)の場合でも、友人や見聞きしたエピソードを総合しても、非常に的確だと思いました。
彼女(彼?)が、水商売の中で見てきた人間の性みたなものを時々話しているのですが「戯言」程度にしか思っていなかったのですが、驚いた次第です。また、非常に腑に落ちるなあと。

 

辛い恋をしている方。(社内を含)
参考にして戴けると幸いです。

また、ラジオが好きになりました。

それでは、失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ブログ」
http://daikuron.cocolog-nifty.com/ikeda/

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

初めての中国(雑感)その②

初めての中国出張(雑感)その②
過日、生まれて初めて中国に出張したのでその雑感を申し上げたく存じます。
お付き合いください。

4.仕事
 正直申しまして、大変優秀な現地なスタッフの人々と打合せをして、大変恐怖を覚えました。どういったことかと申しますと、彼らは確実に私ども日本人より安い給料で働いているのだと思います。半分。いやそれ以下でしょう。私は、彼らの倍の仕事が出来るのであろうか?と、感じてしまった次第です。勿論、お客様が長く中国に直接投資をされていますので、教育も人選(雇用という意)も素晴らしいのかもしれません。が、しかし、それでも尚、彼らと同じように働くことが出来るのかどうか。問われる時代ではないかと思いました。
 私の尊敬する経営者の方が、家族で東南アジアの国に行ったという話を思い出しました。同年代の子供が「物乞い」で集まってくる風景を見せるためだと聞きます。彼曰く「私たちは、日本に生まれたと言うことだけで、その幸せを享受しているということを忘れている。そのアドバンテージも後数年であり、子供達の世代では対等になってくるかもしれない。その事実に気がついて、自分の人生を考えて欲しい」というメッセージであったそうです。図らずも、僕は同じ気持ちをこの中国という土地でも痛感しました。
 いつか、僕もこの土地に、自分の子供達を連れてこようと思います。

5.感謝

今回の出張では、旧友であるファーイースト・パートナーズ株式会社の朱偉徳社長に、何から何までお世話になってしまいました。
海外直接投資のコンサルタント&人材紹介業を営んで居られるのですが、朱社長と私は、同じ先生(ベンチャー企業論の柳孝一先生)を師事しており、年に一度以上は、酒を酌み交わしております。世界は広いです!今年もがんばります。

ファーイースト・パートナーズ株式会社
Far East Partners Co.,Ltd
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-22-3
早稲田大学インキュベーションセンター12室
TEL:03-5287-5830(代表)
FAX:03-5287-5831
代表取締役 朱 偉徳
http://www.j-fep.co.jp/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

初めての中国(雑感)その①

過日、中国に生まれて初めて出張を致しまして、その時の雑感を申し上げたく存じます。
私自身は、余り好んで海外には行かないのですが、時代と言いましょうか、必然と申しましょうか、私どものような中小企業にも、海外への扉が開いてきた次第です。

さて、此方につきましては、2週間に分けてUPしたいと思います。

1.街や交通
 私は、上海方面に出張したのですが、摩天楼という言葉が当てはまるような高層ビル群に驚きました。そして何よりも道が太い。日本のそれとは全く違いました。西海岸の米国を思わせるような高速道路が続きました。私は、友人の勧めで車をチャーターして200km程移動したのですが、唯々圧巻といった感じです。東南アジア諸国での衝撃とは又違った衝撃。米国本土的な衝撃と申しましょうか。土地が広いと言うことに驚いた次第です。

2.食事
 驚いたことに、八角と思われる香辛料が多く使われ、非常に辛い生活を強いられました。(実際は2泊3日だったのですが)美味しいのですが、体の方がいまいちな反応で、最後の日は、「昼食を我慢して空港で食べてやろう」と、思った程です。が、空港で食べた熊本ラーメンチェーンで、またもや同じ香辛料が使用されており、辟易した次第です。

こちらが、その残念だったラーメンです。(ラーメンとしては美味しい)

続く

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

鳥栖の”うどん”

私は、仕事柄、出張する機会が多くいろいろなところで食事をする機会があるのですが、ファーストフードや駅弁ばかりの生活となってしまいます。しかし、時間があれば、地元の食事を食べたいと思って居ます。そんな中、友人から、「鳥栖駅にいったら、うどんを食べないなんて!」と、いう話を貰いまして、
調べて見ましたところ

naverまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134556889249893801

どうやら、有名らしいです。
また、お客様にお聞きしたところ「この近くで、昼食を食べるなら、九州ラーメンや、ちゃんぽんも好きだけど、うどんも美味しい!」というおはなしであったので、早速突入した次第です。

勿論、鳥栖駅内の「中央軒」です。

メニューを見ると、”かしわ”よりも”丸天”が、お勧めとのこと。ここは、店員さんにお聞きしたら、丸天をたのめば、
”かしわ”も楽しめるとのこと。迷わず、丸天に挑戦します。

それが、こちらです。

お味というと。。。。。
驚きました。美味しいです。讃岐とも、関西のものとも違います。チョット柔らかい食感で、お腹に優しい感じです。
ヘルシーな感じもしますし。今後多用したいと思います。

それでは、失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ブログ」
http://daikuron.cocolog-nifty.com/ikeda/

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 旅の食事 | No Comments
ページトップへ